DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:翻訳
子のきらう黒き作業衣にしみたるは汗の匂ひとも油の匂ひとも〉。亡くなった父親が昔詠んだ歌を、当時の父親と同じ年代になった娘は読み返した。そして、一番安いたばこだけを楽しみに黙々と働いていた姿に、あらためて深い感謝を抱く▼


きのうの父の日、小社刊の『娘と息子がつづる おやじのせなか』を読み始めたら、止まらなくなった。様々な年代のつづる「父親」が94編収められている。1720編の応募から選ばれたものだ▼



ある息子は、父親の遺品の財布からキチッと畳まれた千円札を見つけた。初任給をもらった時に渡した札だった。「迷ったらトウチャンを真似(ま・ね)ろ。出世はできねえが人の道に外れる心配はねえ」。左官職人だった父親の言葉を胸に畳んで生きてきたそうだ▼



「父の背中」は、その来し方の縮図である。だが自分の背中は自分には見えない。化粧でごまかしもできない。掛け値なしの背中を見て子は育つ。父にはなれても、父たることは、たやすくはない▼



白樺派の作家有島武郎が、子に寄せた『小さき者へ』で言っている。「お前たちをどんなに深く愛したものがこの世にいるか、或(ある)いはいたかという事実は、永久にお前たちに必要なものだ」。『おやじのせなか』の読後にも似た思いが残る▼



父親を亡くした20代の娘は、父が37年働いた町工場を訪ねて初めて気づく。「小さなネジをたくさんたくさん作り、私の頭のてっぺんから爪(つめ)の先まで育ててくれた」。お父さんはきっと、気づかれぬようにそっと、あなたを愛していたのでしょう。




*左官職: 壁を塗る職人」という意味が定着している。左官という職種は、その字を見ただけでは何をする職人なのか分らない。さらに「官」の字がつく。「大言海」によると、宮廷工事の儀式のとき、無位無冠では宮廷内に入れないので、公家の慣習に合せて臨時に仮の官位を左官としたとか、工事の褒美を賜る順が大工、屋根職人、錺職人、壁塗と4番目で、べつに四等官を左官といったためだともいう。もともとは壁大工、壁塗りなどといった職人が「左官」としてはっきり記録されるのは16世紀末のことである。

*白樺派:( しらかばは)日本近代文学の一派。雑誌「白樺」によった文学者・美術家の集団をいう。人道主義・理想主義・個性尊重などを唱えて自然主義に抗し、大正期の文壇の中心的な存在となった。また、西洋美術に関心を示し、ロダン等を紹介。
武者小路実篤・志賀直哉・有島武郎・里見●*1、倉田百三、柳宗悦、岸田劉生、園池公致等


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:翻訳
6月は『方丈記』を書いた鴨長明(かものちょうめい)が没した月だ。長明の生きた鎌倉前期のころは、天災や疫病が立て続けに起き、世に不安がたちこめた。 無常観にとらわれていく長明が、一番恐ろしかったと書いているのが地震である



▼その地震は1185年に京都を襲った。地は裂け、家は倒れ、山が崩れ落ちる。「人は羽がないので飛ぶこともできない。竜なら雲に乗って逃げるのに」と恐怖を述べている。近年の調査で、このときのマグニチュードは7.4程度だったと分かっている


▼東北地方できのう起きた地震のそれは、7.2と推定される。国内内陸部の直下地震で7以上は、阪神大震災など、この半世紀で3度目という。緑の山をえぐり、道路を壊して、鋭い爪跡(つめあと)を残した。なお連絡の取れない人もいるようだ



▼被災は、山深い地域に広がっている。道は寸断され、被害の状況をつかむのもままならない。規模は違うが、中国の四川大地震を思い起こさせる。4年前の新潟県中越地震もそうだった。都市型とは異なる、山間部の災害の手ごわさだろう



▼日本列島はプレートがぶつかり合う位置にある。その危うさを、「国土全体が一つのつり橋にかかっているようなもの」と例えたのは寺田寅彦だ。地震はいかんともしがたい。だが被害は、減らすも増やすも人間次第だと寅彦は言っている



▼鴨長明の言うように、いざ大地が揺れれば、雲に乗って逃げたりはできない。何とか自分で身を守るしかない。犠牲になった方々の冥福を祈りつつ、身近な地震への備えを、見直すことにする。

名词解说
鴨 長明
鴨 長明(かもの ちょうめい、1155年(久寿2年) - 1216年7月26日(建保4年閏6月10日))は、平安時代末期から鎌倉時代にかけての日本の歌人、随筆家である。俗名はかものながあきら。京都の生まれ。
賀茂御祖神社の神事を統率する鴨長継の次男として生まれた。俊恵の門下に学び、歌人としても活躍した。望んでいた河合社(ただすのやしろ)の禰宜(ねぎ)の地位につくことが叶わず、神職としての出世の道を閉ざされた。後に出家して蓮胤(れんいん)を名乗ったが、一般には俗名を音読みした鴨長明(ちょうめい)として知られている。
出家の後、1212年に成立した『方丈記』は和漢混淆文による文芸の祖、日本の三大随筆の一つとして名高い。他に同時期に書かれた歌論書の『無名抄』、説話の『発心集』(1216年以前)、歌集として『鴨長明集』(養和元年 1181年)といった作品がある。

無常観
インドの仏教は、「すべてのものは無常である」と観ずる無常観を説きます。この無常観は、人間が苦を脱却するための哲理としての無常観です。どんな風に哲理なのかと言いますと、「無常」の「常」とは、「常にそのまま」ということで、それに「無」がつきますと、「常にそのままで無い」となりますので「変化する」ということです。何が変化するかといいますと、「すべてのものが」です。ですから私たちのこの体も変化します。すなわち、刻一刻老化し、最後に死んでしまいます。このように観ずることが無常観です。
日本人は、仏教の説くこの「無常観」に大きな影響を受けたとされています。人の命のはかなさ、世の中の頼りなさを歌った『万葉集』、無常を想う遁世生活を述べた『方丈記』、「諸行無常」の言葉で始まる『平家物語』、更には〈能〉の中にも無常観を表そうとしたものが多いと言われています。しかしながら、これらは単に、人間や世間のはかなさ、頼りなさを情緒的、詠嘆的に表現しようとした日本的美意識としての「無常感」であり、インドの仏教が主張する、苦を脱却するための「無常観」とはかなり趣が異なります。
文学の世界だからというのではなく、日本では仏教の世界においても主体的な苦の克服としての「無常観」は影が薄いように思われます。

寺田 寅彦
寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 - 1935年(昭和10年)12月31日)は、日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦の筆名もある。高知県出身(出生地は東京都)。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:翻訳
这个世界的顺序是白人男人、人男人、女人。
这个女人虽败犹荣。


〈宇宙飛行士の訓練に応募したい〉。そんな手紙を米航空宇宙局(NASA)に出したのは14歳の時だ。「女はだめ」という返信を、ヒラリー・クリントン氏(60)はこう振り返る。「生まれて初めて、勤勉と決意をもってしても克服できない障害があるとわかった」(自伝『リビング・ヒストリー』)。


勤勉と決意が足りなかったか、しょせん克服できない壁なのか。米大統領選の民主党候補者選びで、バラク・オバマ氏(46)が指名を確定し、ヒラリー氏は届かなかった。


★しょせん:(副)归根到底、结局、毕竟、反正。[下面常接否定判断] ▲しょせんは彼の負けだろう。/结果将是他的失败。


指名争いが長く白熱した分、党内の亀裂は深い。11月に共和党のジョン・マケイン氏(71)に勝つには、ヒラリー支持層をつなぎとめるしかない。オバマ氏の副大統領候補になるのかどうか、彼女の「降り方」に関心が集まる。


★指名:提名。▲指名を受ける。/被提名。▲議長を指名される。/被提名为议长。
★つなぎとめる:勉强维持。▲命を繋ぎ止める。/勉强维持生命。

「女はだめ」の返事から半世紀、米国からは何人もの女性が宇宙に飛んだ。だが、政治の頂を踏んだ者はいない。手をかけた者もなし。ヒラリー氏は空前の健闘ながら、さしあたり「準決勝敗退」が歴史に刻まれる。

在“谢绝女性”的回复之后的半个世纪,从美国开始有无数的女性飞入了太空。但是,能够登上政治高峰的女性至今还没有,担任副手的女性也没有。希拉里女士因为空前的活跃,在目前创造了“半决赛失利”的佳绩,被载入史册。

★健闘:奋斗、勇敢斗争。▲健闘をたたえる/表扬其勇敢斗争的精神。
★差し当たり:当前、眼前、目前。▲差し当たり必要な品だけを買う/只买目前必需的物品。

仏ジャーナリスト、C・オックラン氏は、彼女は男なら求められないことを求められていると書いた。「知的であると同時にセクシーに、母親であると同時に自立して、美しく、安心でき、モラルがあって、現代的で、つねに若くと」(『ヒラリーという生き方』)。

★モラル:伦理、道。▲モラルに欠ける/缺乏道; 不道.

こうした要求をそこそこ満たし、かつ、能力と野心を備えた人物はそうは出ない。たぐいまれな一人からの「求職」の手紙に、米社会の返事は甘くなかった。さて4年後、もう一通したためる決意はありや。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:翻訳
什么也不说了,一年多没干这事情了,从今天开始吧,也不知能坚持多久,反正随意。只是这篇好玩,一定要存下来。

幕末、将軍の使節として渡米した仙台藩士、玉虫左太夫(さだゆう)が、船で知った「ビールト云フ酒」の味を『航米日録』に記している。米船の食事や楽隊に顔をしかめた玉虫も、祝宴で「一喫」したそれについては「苦味(にがみ)ナレドモ口ヲ湿スニ足ル」と評した

▼飲める口であれば「湿スニ足ル」季節を迎えた。玉虫の寸評から150年、日本のビールは百花繚乱(りょうらん)だ。昨今の新製品に驚きはなしと思っていたら、のどがちょいと鳴る話が届いた。「宇宙ビール」である

▼06年、岡山大の杉本学准教授がロシア科学アカデミーの研究に参加し、国際宇宙ステーションで大麦の種を5カ月寝かせた。一部は発芽もしたそうだ。これをサッポロビールが殖やし、先週末、群馬の試験農場で大麦45キロを収穫した。秋にビールと麦茶にするという

▼原料は、無重力と強い宇宙線に長くさらされた遺伝子を継ぐ。正常な一品ができれば、宇宙基地で自給自足する夢が膨らもう。味の確認には体を張って協力したいけれど、今回は大瓶100本分ほどで札止めらしい

▼宇宙での栽培に猛進するのもいいが、宇宙ビールの量産という脇道もある。とびきりの非日常と、ありきたりの飲料の出合い。グラスを満たす別世界に、地上の憂さは光速で晴れるかもしれない

宇宙栽培能够突飞猛进的发展固然好,但量产宇宙啤酒也许会成为一条歧路。特别不寻常的东西和最普通的饮料在此结合(应该指的是新科技和啤酒吧),在注满(啤酒)的玻璃杯中的另一个世界里,地球上的悲伤将会很快地被一扫而光吧?

▼南極の氷でオンザロックを作ると、零下に封じられた太古の空気が弾(はじ)けるそうだ。「宇宙の泡」に口先を埋めれば、天の川で遊泳する気分に浸れようか。シャトルで精勤中の星出さんには申し訳ないが、飲んべえの欲と夢は天井というものを知らない。

好酒者的欲望和梦想是永远没有止境的,呵呵。
| BLOG TOP |

copyright © 約束の重さと夢の軽さ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。